プロフィール

鈴丸

Author:鈴丸
大阪在住のうどん好きです。讃岐うどんを中心に四国と大阪での日々を綴ってます。画像は携帯電話のカメラで撮影してるので、ショボくてすみません。

ブログ内検索

四国探訪ガイド

ポチプリーズサンキュ!

FC2ブログランキング

応援ポチプリーズ

FC2Blog Ranking

サンキュ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

鈴丸★小麦粉日記
大阪在住うどん大好き人間の香川&関西圏の讃岐うどん偏愛記や四国の旅雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大井食堂:鳴門市
200606262121334


200606262121332


20060626212133


うどん小 350円
うどん大 700円

大が小の2倍の料金やん。
1玉ぶんの割り増し料金とはちょっと違う感じ。

うどん 350円
うどん大 700円
ちくわ入り 400円
ちくわ入り大 800円
玉子入り 400円
玉子入り大 750円

メニューはこれだけ。セルフで取るような天ぷらもどこにも見当たらん。

鳴門うどんというのはMAX豪華にしても、具は「刻み揚げ+ちくわ+玉子」のようだ。お金持ちの勝ち組紳士も、鳴門うどんの前では平等である。

しかし…讃岐の超リーズナブルうどんを食べなれた身には「刻みあげとちくわだけが入ったうどん大が800円!」という事実に腰が引けてしまうのであります。

讃岐で800円出せばそれはもう贅沢の極みのバブリーなうどんを食べて勝ち組気分を満喫できるはずである。

でもこれは鳴門うどん。讃岐の文法とは全く異なるうどんであるからして、値段で比較するのはやめよう。

さて、大井うどんであります。鳴門うどん発祥地説を有する、創業が江戸時代に遡るといわれる名店だそうだ。

見よ!伝統と風格を漂わせるこのくたびれた店構えを!

ええなぁ~こういうボロッちい「食堂!」って感じ、好きや♪

出てきたうどん!ちっちゃい!丼がとってもコンパクトサイズで可愛い。そしてその中に佇む麺のこれまた不揃いさが素晴らしい!感動して太さの違う「ふつう・極細・太」をちくわの上に並べて撮影したのでご覧ください。撮影したあと食べ進むうちに、さらにこれより細い「糸状」や、極太とか平べったいのとかも続々発掘され、その楽しさたるやもうあなた、たまりません♪

特にここのは「極細」含有率が高くて、口の中での「いろんな太さミックス感」満点です。

ヘロヘロに見えて表面のツルツル感もけっこうあるし、味もしっかりしてて、これはうまい。鰹系のダシはしっかりしててうどんとグッドバランスです。

食べながら見ていると…入ってきた二人組のおっちゃんはひとりが代表して注文。注文のしかたは

「大小して」
シンプル♪

前のテーブルでマンガを読みながら小を食べ終えたお兄ちゃんは、おばちゃんに
「小して」
おかわりであります。

大で食べるか、小を二杯食べるか

値段はどちらも同じ

俺なら…このちっちゃい丼でちゅるちゅるペロリと食べる感覚がなんとも言えずええ感じなので「小2杯派」です。

鳴門うどん…深い。

大井食堂
徳島県鳴門市撫養町南浜東浜
大道銀天街のトガワかばん店横の道を入って最初の道を東へすぐ
10:00~昼1時半ごろまで
不定休


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

コメント

うげ~~~~~~~~~~~~~。
なんちゅう うどん。 にゅどんと言ったほうがいいぐらい?
岸井のルーツはここにあるのか?
うーーーん、たしかに深い。
鳴門海溝にゅる景色。
わし、あの食感が今でも忘れられん。
[2006/06/28 21:37] URL | 麺三郎 #rkd4Vjqo [ 編集 ]


でしょ?

鳴門にゅどん

この「波打ち感」は、鳴門の渦潮の波動が生地に影響を与えてるのかも知れんな

大潮の日には最強の「にゅにゅどん」が食べられる…かも知れない
[2006/07/05 01:01] URL | 鈴丸 #/3WEEAIQ [ 編集 ]

子供の頃に帰って
お初ですhttp://blog49.fc2.com/image/icon/i/F8F6.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">モバでは絡むけどhttp://blog49.fc2.com/image/icon/i/F995.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">ここには初めてだね
俺と大井のうどんの出会いは、幼稚園時代迄さかのぼります。
お正月や秋祭の頃に亡くなった祖父さんに連れられてよく食べに行きました。
一時期記憶の片隅に追いやってしまって
讃岐うどんや関西風うどんにはまっていながらhttp://blog49.fc2.com/image/icon/i/F9C8.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">何か物足りなさを感じていました
去年タウトクの記事や鳴ちゅるを読んで食べに行った時にhttp://blog49.fc2.com/image/icon/i/F9A0.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">俺のうどんの始まりはこれだったんだhttp://blog49.fc2.com/image/icon/i/F995.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">再認識をして今の鳴門うどん熱がまた始まりましたhttp://blog49.fc2.com/image/icon/i/F8F5.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
これからもよろしくhttp://blog49.fc2.com/image/icon/i/F995.gif" alt="" width="12" height="12" class="emoji">
[2007/10/12 01:54] URL | momomaru #- [ 編集 ]


momoさんコメありがとう♪鳴門うどんはまさにmomoさんのソウルフードだったんですね。おじいさんの時代、子供時代…ず~っとお店が続いてて、いままたそれに出会う。
大井のうどんにはmomoさんの思い出も詰まってるんですね。
羨ましいです。
[2007/10/13 21:32] URL | 鈴丸 #/3WEEAIQ [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://suzu23.blog49.fc2.com/tb.php/52-9746519e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。