プロフィール

鈴丸

Author:鈴丸
大阪在住のうどん好きです。讃岐うどんを中心に四国と大阪での日々を綴ってます。画像は携帯電話のカメラで撮影してるので、ショボくてすみません。

ブログ内検索

四国探訪ガイド

ポチプリーズサンキュ!

FC2ブログランキング

応援ポチプリーズ

FC2Blog Ranking

サンキュ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

鈴丸★小麦粉日記
大阪在住うどん大好き人間の香川&関西圏の讃岐うどん偏愛記や四国の旅雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美渓 徳島県勝浦町 肉と醤油の耽美的世界
中華そば美渓(みたに) 徳島ラーメン


ふとしたきっかけで脳内に過去の記憶のスイッチが入り、その記憶の事象を熱烈に希求して止まない状態になってしまうこと。

簡単に言えば…「アレが食べたくて食べたくて、辛抱たまらん状態」

そういう精神状態にさせる食べ物の中には「平均的なものから逸脱し、過剰に突出した部分を持つもの」が多くを占めるような気がする。穏やかな日常から離脱し、トンガッたアウトローな非日常世界に耽美的に浸る快感と背徳感。

そんな世界への扉のひとつが、徳島の「美渓」だ。

その扉の取手にはそんな簡単には届かない。「仕事のついでに」や「呑みの〆にちょっと寄る」など、不可能だ。徳島から山奥へと向かう県道16号をひた走り、通常では完全に見落としてしまう川向かいの旧道に隠れるように佇む店を目指さねばならない。

熱烈なる希求、過剰なるものに惹き付けられる背徳感。そう、それを求める行為には「お気軽さ」など許されるわけがないのだ。





そんな熱病のような感情に支配され、ワシは16号線を「スポーツモード」にシフトした愛車で爆走した。仕事?そんなものはあの耽美的世界の前では何の意味もなさず、我が脳内からは消え去っていた!



久しぶりの美渓。
店内は相変わらず雑然としている。
歴史と伝統が染み込んだ…まぁ別の言葉で言えば「んー、相変わらず店内 汚いなぁおい」という店内空間。カウンターもテーブルもお客でいっぱいだ。

前の客がこぼしたスープや水を適当にチャッチャと拭き取り、待つ。この「キタナシュラン」的な空間も、耽美的快楽のための舞台装置である。(ほんまか?)

そして着丼。

鶏ガラ豚骨系醤油醤油醤油!の徳島ラーメンスープ。そしてこの過剰すぎる肉!肉!肉!肉!肉!



この1杯の麺の量に対して、明らかに「過剰すぎる」チャーシューの量だ。多すぎる。バランスがおかしい。

そして、醤油がしっかりガッツリ主張するこのスープ。そこに醤油ダレにしっかり漬け込まれて醤油辛みが染み込みまくったチャーシューが「これでもか!」と盛られている。醤油 on 醤油。明らかに醤油味が「過剰すぎる」。醤油味まみれだ。



料理/味覚の教科書からは完全に逸脱したこの破壊力抜群の一品。

この「過剰さ」「逸脱感」のアウトローっぷりが、背徳的な熱烈なる希求、耽美的快楽に誘う中毒性の根源なのかもしれない。

濃すぎる醤油味。
多すぎる肉。
これに耽美的なものを感じる勇者のみが、ここ美渓に吸い寄せられるのだ。


徳島市内にも「美渓」はあるけど、やっぱりこの「勝浦の美渓」で決まりです。

中華そば美渓 みたに
徳島県勝浦郡勝浦町大字美渓字市ノ江86
10:30~14:00ごろ(売り切れ次第終了)
火曜定休
0885-42-4501
中華そば美渓の近くでのイベント
勝浦 ビッグひな祭り
坂本おひな街道

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:ラーメン - ジャンル:グルメ

コメント

世の逸脱者の一人として、これは食べに行かねば!

生卵落として食いたいっすね。3つくらい。
[2014/03/31 12:05] URL | カフェ #- [ 編集 ]

カフェさん
逸脱者 傾奇者のカフェさんにぴったりの店ですぜ!(笑)

ラーメンはあまり詳しくないので、まだまだもっと「過剰」で「逸脱」したラーメンもあるとは思いますが…。発見したらまた報告します!
[2014/04/08 21:55] URL | 鈴丸 #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://suzu23.blog49.fc2.com/tb.php/389-70de4588
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。