プロフィール

鈴丸

Author:鈴丸
大阪在住のうどん好きです。讃岐うどんを中心に四国と大阪での日々を綴ってます。画像は携帯電話のカメラで撮影してるので、ショボくてすみません。

ブログ内検索

四国探訪ガイド

ポチプリーズサンキュ!

FC2ブログランキング

応援ポチプリーズ

FC2Blog Ranking

サンキュ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

鈴丸★小麦粉日記
大阪在住うどん大好き人間の香川&関西圏の讃岐うどん偏愛記や四国の旅雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CoCo壱番屋 観音寺本大町店 ここだけの限定ご当地カレーうどん
ココイチのカレーうどん

カレーについては全く知識がないんですが、CoCo壱番屋さんには「地域限定メニュー」があるそうです。



ここ観音寺本大町店のやつは、他店にないオリジナルの「限定 ご当地カレーうどん」になっています。



伊吹産いりこを使っているのが最大の特徴です。



ぴろぴろ一反木綿が乗ってますが、これ、うどん生地の切れ端じゃなくて、えーと何て言うんですかね?薄切りのお餅?です。冷凍麺だから、そりゃ切れ端はないですな(笑) でも、これが乗ってるのがすごく楽しくて、好きです(≧∇≦*)



カレーうどんだから、そんなにいりこがガツンと来るわけじゃないけど、ちゃんとお魚系の風味がわかる美味しいカレーうどんでした。



伊吹いりこに次いで、ぜひどっかのうどん屋さんの麺を使った「CoCo壱番屋 香川完全限定スペシャルご当地うどん」を企画してほしい!


CoCo壱番屋 観音寺本大町店
香川県観音寺市本大町1629-1
0875-57-5519
11:00~24:00
年中無休

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載




うどん ブログランキングへ

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

三里うどん本舗 高知市 夜の三里に中華そば復活
三里うどん本舗 高知市

屋外にオープンエアのうどん飲食スペースがあったりする「怪しいロケーションのうどん屋」、高知の三里うどん本舗ですが。。。なんと!そのオープンスペースが突然「クローズドスペース」になり、カウンターが設えられ、その目の前に「中華そば 塩 醤油」というメニューだけが貼り出された時には

ポカーン

となりました。ポカーンとしすぎて、その時に撮影した店舗画像がどこかに行って行方不明になったくらいです(笑) 昼間は従来の店舗でうどん。夜営業は中華そばのみカウンター席で提供。そんな体制に。しかし、カウンター席、冬は寒すぎて、結局夜の中華そばも従来の「うどんスペース」で提供する、ということに(^_^;) このユルさ、好きです。現在も、従来のうどんスペースで中華そばが提供されてます。(せっかく改装したのに…まぁ、ええか 笑)

夜。駐車場から坂道を少し登り、店の前に立ちます。暗闇に店の灯りが。三里うどん本舗、夜はこんな顔になっています。





今月は高知のうどん魔人 誠くんと行ってきました。



中華そば、醤油味


中華そば、塩味


ベースのスープは共通だそうですが、表情の違う2杯です。後に残らないサラリすっきりとした軽いスープなのに、舌にしっかり旨味の余韻が残ります。ラーメン中華そば関係は詳しくないのでよくわからないんですが、中華そばの出汁材料としてはワシはあまり聞いたことのないものを厳選して使ってるそうです。価値ある1杯なので、ぜひ食べに行ってみてください。(←誠くんのブログのマネ)(笑)



この中華そば、香川で「こうめ」をやっておられた時代に出していたものだそうです。

こうめのうどん復活に続いて、中華そばも復活ということですね!香川時代のファンも、高知に急げ!

中華そばの夜営業は、18:00~21:00まで。遠くから訪ねられる方は、事前に営業確認をされたほうがいいかもしれません。

おでんのこの味噌だれが、これまたウマい!






【過去記事】
三里うどん 真夏のオープンエアうどん

三里うどん 秘境的佇まいの奥に輝く限りなく透明なアレ

【三里うどん本舗】
高知市十津2-4-11
088-855-7003
7:00~14:00
18:00~21:00(中華そばのみ)
水曜+不定休



にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載




うどん ブログランキングへ


関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

四国旅 南予から四万十市へ 佐田沈下橋 安並水車の里
【四国の旅風景】
愛媛県南予地方
高知県四万十市 安並水車の里 佐田沈下橋
高知県土佐清水市の海


毎年6月は松山で仕事をしたあとに高知の四万十市に向かいます。

十数年前は、松山道が大洲までしか通じてなくて、四万十市(市町村合併前の当時は中村市という名称でしたね)まではかなり遠い道のりでした。今は高速道路が宇和島を越えて津島まで開通してるので、四万十市への旅もかなり近いものになりました。早く四万十市まで到達してしまって、逆にちょっともの足りない感じ(笑) 余裕があれば、高速を使わずに下道で行ったり、海沿いルートではなくて四万十川沿いから四万十市に入るルートをまた辿ってみたいと思います。

津島を越え御荘を越え。南予の蒼い海や田園地帯の緑を楽しみながら高知に向かうドライブは、ほんとうに楽しくて気持ちいいです。









四万十市 市街地から意外と近い場所にある「安並水車の里」。藩政時代に引かれた灌漑用の水路と水車の名残としてここにあります。この季節は水車と紫陽花と緑の水田の美しい光景が楽しめます。









そして高知と言えば、アイスクリン!




四万十川を遡っていくと、佐田の沈下橋があります。











四万十市から四万十川を逆に下っていきます。



しばらく行くと、土佐清水市。海が綺麗です!







(写真は2013年と2014年のものが混在しています)

【四万十市/土佐清水市のうどん屋さん】
KUA'AINA 2013年
ほうばい 2013年
ほうばい 2014年
田子作

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載






関連記事

テーマ:中国・四国 - ジャンル:旅行

田子作 高知県四万十市 田園系の超極太うどん
田子作 高知県四万十市間崎



土佐清水市のほうばいさんに向かう途中で見かけていたうどん屋さんです。昨年発売された本「高知麺事典」(高知の麺類店が200軒掲載されてます)にこのお店が紹介されていたので、今年はほうばいさんに行った帰りに寄ってみました。

お店に入ってカウンターに腰掛けると。。。目の前に素晴らしいパノラマが!





もう、ずっと眺めていたいくらいの田園風景です。心がすーっと癒され、浄化されてゆくのがわかります。



お店の建物、調度、そしてこの風景を切り取っている窓が、なにより素晴らしい。

メニューはいろいろあって悩んだけど、高知らしいメニューの「あおさうどん」にしました。



目の前に来たうどん。あおさがた~っぷり入ってます!香ばしい良い香りがたまりません。

隠れてる麺を引き出してみると…出たーーー! ふ、ふ、太いぃぃー!



ここまで太いうどん、なかなかお目にかかれません。



食べてみると、意外にもっちり感はなくてお団子っぽい食感です。15時という中途半端な時間帯の訪問だったので、茹でてからちょっと時間経過した麺だったのかもしれません。こんな太麺、注文を受けてから茹でてたらめちゃくちゃ時間かかるやろうしね(^_^;) コンディションが良ければもちもちしたタイプの麺だと思いますこれは。 

どっさり入れてくれてるあおさ。最初「入れすぎちゃうん?(笑)」と思ったけど、どっしりした太麺だからこそ、このたっぷりのあおさとのバランスが良かったです。出汁も残さずにいただきました!

高知、四万十と土佐清水を繋ぐこのルート。ほっこりした風景の中にちょこんと佇むこのお店。素敵でした。

田子作
高知県四万十市間崎1175-1
0888-36-2829
9:00~19:00(4月~9月)
9:00~18:00(10月~3月)
第1,3,5火曜日定休

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載




うどん ブログランキングへ

関連記事

テーマ:中国・四国 - ジャンル:旅行

うどん家一 丸亀市 二代目!萌え系女性店主の萌えうどん
うどん家一 丸亀市





「若い女性店主に交代してリニューアル」

なんですと?若い。。。女性店主。。。
そら、食べに行かなあかんでしょ。

うどん家一さんにはこれまで食べに行ったことがなかったんですが。いやー、初めて行く理由がそんなとこだとは、お恥ずかしい。

そんな目的などおくびにも出さず、(ちょっと近くを通ったらたまたまうどん屋みつけたから、寄ってみましたよ)てな顔をして、お店に入ります。

落ち着いた家庭的な雰囲気のお店。いい感じです。

「若い女性店主」をチェックする前に、フロアの愛想の良いおばちゃんがグイグイ前に前に出てきます(笑) とりあえずオススメなどを訊きつつメニュー選び。おっ?メニューボードは可愛らしい少女系文字で書かれているぞ。とてもキュートだ♪







表にも書いてあったけど、ここは「鳴門直送わかめ」が名物なようです。ワシ、わかめは嫌いじゃないんですが、うどんに入れるのはあんまり好きじゃない(^_^;) でもせっかくのオススメメニューなので、そのわかめも入った「かやくうどん」をチョイス。

わかめ・きつね・卵焼き が入ってるという。卵焼きってのが、なんともいいじゃないですか!





伸び弾力型の今風の麺ではなくて、素朴な田舎風の麺に、素直ないりこ出汁。磯臭くないしっかりしたわかめ。肉厚でシャキッとした噛み心地のおあげさん、焼いた香ばしさが素敵な卵焼き。

しみじみと美味しい。素朴で実直な1杯です。若い女性が店主のお店、というイメージとのギャップが、いい。

フロアのお母様、いやお姉様の接客も親切で丁寧でとてもくつろげます。お水のあとにはお茶も出してくださったり、心配りの行き届いたサービスが嬉しいです。アットホームな雰囲気がいいですね。このお店のファンになりました。



お会計をする帰り際、厨房の中の2代目女性店主さんとやっと話せた。「前へ前へ出てくるお母さん」が会話の70%を支配していたが(笑) 2代目は、とても可愛らしい方で、しかもアニメ声。なんてキュートなんだ!萌え系うどん職人として、ファンクラブが出来るでありましょう。その際は、ワシも入会するので、関係者の方はご連絡くださいませ(≧∇≦*)

なお、後日、詳しい御方から、「一は"美人三姉妹"と呼ばな怒られるよ(笑)」と連絡が!前へ前へ出てくるお母様、いや、お姉さまも、とても素敵でした!はい!

うどん家一
香川県丸亀市土器町東7-47
10:00~15:00
日曜祝日定休

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載




うどん ブログランキングへ


関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。