プロフィール

鈴丸

Author:鈴丸
大阪在住のうどん好きです。讃岐うどんを中心に四国と大阪での日々を綴ってます。画像は携帯電話のカメラで撮影してるので、ショボくてすみません。

ブログ内検索

四国探訪ガイド

ポチプリーズサンキュ!

FC2ブログランキング

応援ポチプリーズ

FC2Blog Ranking

サンキュ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

鈴丸★小麦粉日記
大阪在住うどん大好き人間の香川&関西圏の讃岐うどん偏愛記や四国の旅雑記
兼平屋 まんのう町 田園民家癒し系で端っこピロピロうどん
兼平屋 まんのう町

琴平から琴南に向けて走ると、周りはそりゃもうええ感じの「日本の田舎の風景」になって行きます。

土器川からちょっと入った街道の細い道から、少し奥まった場所にこっそり控えめに在る「兼平屋」さん。





ここは大好きなうどん屋さんです。
田舎のおじいちゃんの家に帰ってきたような懐かしさ、安心感。ここの圧倒的な「落ち着いた佇まい」と「ゆったり感」は、心の疲れまで癒やしてくれるような気がします。

兼平屋は、お花がいっぱいなことにも気づいてますか?エントランスから店内まで、可愛いお花で飾られています。







この時期は、お店前の鯉が泳ぐ用水路に、かきつばたとカラーが咲いていてとても素敵です。






お店の中にも飾られてました。



さて、兼平屋といえば、釜あげと釜しょうゆと釜ぶっかけが同時に味わえる「釜三昧」も有名ですが(でもこれを注文してる人、見たことないw)、インパクトの面では、やはり「まいまいうどん」でしょう。

まいまいうどん。
この破壊力抜群のうどんのルックスは…これだッ!



はい。うどんの端っこばっかり集めて茹でた「俺たち端っこBrothers!」な、楽しすぎるメニューなのであります。

食感フェチ、テクスチャーマニアなそこのあなた!これを食べずには死ねませんよ!

注文を受けてから茹でてくれるスペシャルなメニューですから、15分ほど待たなければなりません。

しかし、安心してください。兼平屋さんにはたくさんの漫画が装備されていますから、漫画を読んだり、冷水器の「荒神の名水」を飲んで体を清めたりしていれば、15分なんてあっという間です。






さぁ。まいまいうどんを食べましょう!



ぺろんぺろん
つるっぽ
むちむちりん
れろぷるん

「ら行」を必ず含んだ官能的な響きが、口の中から頭蓋骨にまで様々に断続的に反響してゆきます。なんという官能的な一杯なんでしょう!

微妙に幅や厚みや末端形状の異なる麺は、ひとくち分の中に何重もの食感の違いを同居させていて、それが舌と口蓋粘膜をくすぐりまくるのです。

時々、衝動的にこのまいまいうどんが食べたくなる気持ち、わかるでしょう?

兼平の出汁はサラリとしているので、うどんの風味をよく味わえます。



この色粉が入ったやつで揚げた天ぷらも妙に風情があるんですよねー。



この座敷(ワシは勝手に"人形の間"と呼んでますがw)に上がり込んで、ゴロゴロして漫画読んだり、うどん食べたり、昼寝したりしたいんですが。。。

ワシは兼平さんとこの子供ではないので、出来ません(笑)

兼平さんちに生まれてきたかったです。

(^_^;)\(・_・) オイオイ

兼平屋
香川県仲多度郡まんのう町炭所西1495-4
0877-79-2868
10:00~17:00(麺切れ終了)
水曜定休



にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載




うどん ブログランキングへ
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

やまうちうどん まんのう町 Road to やまうち
やまうちうどん まんのう町

ワシの讃岐うどん巡りの原点を見つめて
Road to やまうち


讃岐うどんのお店巡りを始めたころ。
それまで行ったことがなかった四国に仕事で行くようになり、香川のうどん屋さんを訪ねるようにもなりました。2000年から四国に行きはじめ、意識してうどん屋さんを回り始めたのは2001年からだったと思います。「恐るべきさぬきうどん」シリーズが文庫化される前でした。

昔世話になった先輩のSさんによる指南のもと、まずは「るるぶ」とかに載っているお店(50軒くらいだったかな?)をちょっとずつ回り始めましたが、まだまだ本格的に「うどん屋さん巡り」にハマる前でした。

今から思えば「讃岐饂飩巡礼八十八箇所」のイベントもまだ行われていた時代だったから、その輪の中に参加しておけばよかったなぁ。

当時はまだそこまでうどん屋さんや製麺所のことを知らなかったのです。製麺所に入って行くのを、ビビってました(笑) 

なかむらの角はシビアだったし大将は無愛想で恐かったし、「名もないうどん屋」の女将もまだ恐かったし、琴南の三嶋なんて、場所をやっと突き止めて辿り着いても「もうない」のひとことで終わらされたりする、恐るべき時代でした(笑) るみちゃんは夕方に売れ残ったうどん玉を自転車に乗せて近所に売りに行って、お店にはお客さんだけがいたり。

県外者にはまだまだ「目に見えない文化的・習慣的な壁」があった気がします。


それでも、うどん屋さん巡りは本当に楽しかった。まだFOMAやWINが普及し始めた頃だったと思います。ネット上にもまだうどんの情報は少なくて、麺通団別Pさんや麺聖さんのサイトを見ていました。携帯から見られる情報はまだほとんどなかったと思います。情報のメインはまだ紙媒体を利用してたなぁあの頃は。

で、クルマにはナビも装備していなかったので、場所のわかりづらいいわゆる「秘境系」のお店を訪ねるのには苦労しました。地図は「道路MAP 四国」しか持ってなかったので

【市街地以外はかなりざっくりした地図しかないので、ピンポイントの秘境店を探すのがとても困難】

であります。

しかも、仕事のスケジュールの合間を縫ってうどん屋に寄っていたので

【店の発見が遅れれば 食べる時間がなくなる】

という、時間的制約まで課せられるわけです。

香川のうどん屋さんの探索を始めたばかりですから、ほぼ全てのお店が未訪問。未知の場所。そんな【アナログなうどん屋探索時代】は、まさにワシの西部開拓時代。まだ道のない大陸を彷徨いながら、ゼロから開拓してゆく。

そのワクワク感、今でも思い出します。
ほんとうに、楽しかったなぁ!

その中で、2度のチャレンジに敗退したお店がこの「やまうち」なのです。食べに行こうと思って店に向かったのに。。。店を発見できずに通り過ぎてしまい、時間がなくて戻ることが出来なかった。

あの「踏切を渡る場所」を見落としたのであります。手もとの端末やナビで簡単に情報が手に入る現在ではちょっと考えづらい状況ですが、ほんの10数年前のワシの環境は、そんな感じでした(笑)

三度目の正直でやっとこのやまうちに辿り着いた時は、嬉しかったなぁ。このロケーション、積み上げられた薪、釜から上がる湯気。あの時に食べたやまうちのうどんは、本当に美味しかった。忘れられないくらい、美味しかった。


今回、久しぶりにたっぷり時間が出来たので、あの頃のうどん屋さん巡りを、あの時のやまうちうどんへの道のりと気持ちをもう一度改めて確認してみました。

やまうちへの道中を撮影しながら。香川の風景と空気を感じながら。











やまうちには数年ぶりの訪問です。
このエリアは普段仕事で通ることがないので、なかなか来ることが出来ません。







記憶が美化したのか、初めて食べたあのやまうちのうどんに、なかなか再会出来てませんが、そのうちまたあの味に出会えると信じています。この日のうどんも「あの日のやまうちのうどん」とは少し違った感じ(笑)。でもこの佇まいは変わらないね。こうしてここにやまうちが在り続けていることが、嬉しいです。また、来よう。あの日のやまうちのうどんに逢いに。


やまうちうどん
仲多度郡まんのう町大口1010
0877-77-2916
9:00~14:30(麺切れ終了)
木曜定休

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載




うどん ブログランキングへ



関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

空太郎 松山市 新店登場!頑固者で本当にごめんなさい
うどん空太郎 松山市
2014年2月18日オープン

新しいお店との出会いは突然だ。

香川県や関西圏の新店は「新店ハンター」さんたちが日夜活躍してくれているので、情報の事前入手が可能ですが、香川以外の四国エリアはワシもあまり情報を集めに行ってません。

今回も、いつものようにお客さんとこに行こうと旧空港通りを左折して南にダーッと走っていた。

すると見慣れないポップな看板が目に入りました。が、一瞬で通り過ぎてしまった。

網膜に焼きついて残っている残像をそっと拾い上げてみる。目立つ大きな看板だった。

ええと。。。

Q太郎。。。

ん?Q太郎か。昔のアニメやな。
O次郎って弟がおったな。あいつ「バケラッタ」しか言わんやつやったな。あと、なんかアメリカ人のおばけもおったな。あいつなんていう名前やったかな?

脳内にQ太郎が浮遊する。

さらに残像を拾いあげる

う  ど  ん

あれ?うどん?
あれ、うどん屋か?うどん屋!新店?


1時間後。仕事を終えて舞い戻ってみた。




【空太郎 KUUTARO】

Q太郎ちゃうがな。くうたろうやがな。
俺も完全に古いおっさんになったもんや。今の若い子、オバケのQ太郎なんか知らんでしかし。

で、クルマを停めて行ってみると。。。はい、予想通りのパターン。営業時間、終わっとるがな(笑)

で、翌日、出直して食べに行きました。
ここまで、無駄な前置きが長すぎて、猛烈に反省しています。



広く明るく清潔感あふれる店内!
メニューを見ると、これは明らかに「讃岐うどん系」のお店です。メニューにも「こだわりのポイント」が記載されています。麺と出汁と天ぷらにかける思いとこだわりがドンと提示されとります。





国産小麦粉 無化調 かけ出汁は水出し 三津の田中屋の醤油 天ぷら油は米油 etc.

若い大将は、うどん屋目指して一念発起
、香川でうどんを学び、ここに開業されたそうです。シュッとしたナイスガイだぜ!お母さんお父さんも一緒にお店に入られてて、ファミリーで頑張っておられます。これはまた楽しみな店が松山に出来ました!店名や可愛いロゴ、カッコいい看板等、なかなか素敵です。





メニューを見ると、おっ!鶏天メニューがある(≧∀≦) で、イチオシメニューとかはスルーして(笑)オーダーは「鶏天ぶっかけ」





綺麗に盛りつけられてて、丁寧な仕事が伺えます。あっ。。。鰹節が…(^_^;)

細めエッジシャキーンで、グゥ~ンと伸びる弾力コシのピチピチ麺。元気あふれる麺で、若い大将の新規開業に賭ける意気込みが伝わってくるようなうどんです。鶏天はむね肉で中身ふわっと、コロモクリスピー♪


ぶっかけ出汁は透明感のある黄金色で、丁寧に取られたのがわかる上品で旨いものです。麺とのバランスもいい感じ。

ほぼ同時に入店されてカウンターにて同席した紳士が、松山のブロガーさんだということがわかりました。そのじゅんさんと、石井店主としばしうどん談義。新店でブロガーさんと遭遇するのは松山でも同じなんですね(笑) 松山のうどん屋さんが、これからも盛り上がって繁盛しますように!(ブログじゅんのつぶやき)

【2回目訪問時:天ぷらと釜揚げうどん】
釜揚げでもピチピチ元気麺の印象はそのまま。この麺質なら個人的にはもう少し茹で時間を伸ばしてもらったほうが好きかも。つけ出汁はマイルドに上品にまとまっているけど、何かもうひとつインパクトが欲しいかな。天ぷらの出来は素晴らしい♪塩でイケます。






オープンして3ヵ月ほど。「美味しいものを出したい!」「お客さんに喜んでもらいたい!」っていう気持ちの強さが、お店のスタッフのみなさんから溢れてます。

オープンして間がないからか、うどんを学んだ大和のカラーが今はまだ強い気がします。麺が大和系の教科書通り(?)で少し面白みに欠けるかな。まぁこんなこと言うのは「うどんマニア」ぐらいやから、この麺で当面は良いんでしょうけれど。ここに今後は空太郎さんのカラー、大将の石井さんのカラーがどんどん前面に出ていくんでしょう。全体的に上品でおとなしい感じがするので、グイグイ積極的にやってほしいな。それが楽しみです!

うどん 空太郎
愛媛県松山市空港通3-2-11
089-989-5255
11:00~15:00
金曜定休
駐車場 12台!
2014年2月18日オープン

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載


うどん ブログランキングへ



関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

藤井 鳴門市 鳴ちゅる舩本DNAを継承する女将
【手打ちうどん 藤井 鳴門市】
船本うどん直系の鳴門うどんでした!

徳島県鳴門市に、他のどんなうどんとも違う独自進化を果たした「癒し系うどん」があります。それが、鳴門うどん。優しくちゅるちゅる食べられるところから「鳴ちゅる」(なるちゅる)と呼ばれたりします。

そして、今回、ワシは発見しました。
鳴門うどん発祥地のひとつ、高島の舩本の「昔の舩本の味」の継承者を。

特に「鳴門うどん」を掲げてなかったので、店に入ってからそこに「昔の舩本の流れを汲んだうどんとサイドメニュー」を見た時の興奮たるやあなた!大変なものですよ。


話しは少し逸れますが…。
知り合いから鳴門うどんの存在を教えてもらい、そしてタウン情報トクシマさんが、雑誌や単行本で鳴門うどんを取り上げて、ワシが鳴門うどんと遭遇してから約8年。

その間に鳴門うどんの世界にも、いろいろありました。若い世代が新たに出店したりもしましたが、閉めてしまったり、長年やっておられた貴島さんも閉めてしまったり。

逆に、ちいさな「じいちゃんばあちゃん系鳴門うどん食堂」の一富士さんが、巨大なセルフ型店舗を出店したり。
→リンク 一富士 大麻店

舩本うどんの経営者が変わって、フランチャイズ方式を採用した時もびっくりしました。「舩本 大麻店」やアミコ店がそうですね。あれ?舩本大麻店のことブログに1回も書いてないな。鳴門うどん、全然ブログに書いてない(^_^;)

鳴門うどんが縮小せずに、こうして一富士さんや舩本さんが大きくなっていくことは良いことだと思います。

しかし。失われたものもある。
舩本の昔ながらの味だ。
うどん、コロッケ、えび天。個人的に舩本の舩本らしさを形成してたこのトライアングルが崩れてしまったことが、ワシは残念でならない。

高島の本店、そして大麻店は、今や残念ながら昔の舩本とは違う。あ、誤解なきよう。今もとても美味しいんですよ。でも以前のものとは少し違う形になっているということです。

昔の舩本の味を継承し続けてるのは、徳島市末広の「舩本 末広店」だけなのだと思っていました。(夜だけ営業してる"うどんさろんふなもと"は未訪問だからわかりません)。元々鳴門うどんは情報が少ないことと、なによりワシが情報収集してなかったからなんですが…。



それがですよ!
こんな場所に!
本家舩本の高島地区の対岸に!
こんなプレハブ店舗で!
本家舩本のご主人がご存命の時に師事した女性店主が!
舩本DNAを継承したうどんとコロッケがあったのです!





メニュー構成まできちんと継承されている正統派「舩本 末広店」さんとは違って、こちら「藤井」さんは柔軟にメニュー展開されています。なんと釜玉やしょうゆうどんなど、讃岐うどん系の食べ方まで掲示されとる。天ぷら類やおでんも、なんとなく「讃岐うどん」の文脈に見えます。









しかし、核となるうどんは、紛れもなくあの「舩本 The Origin」の系譜です。細くてたよりなくてフリフリフリル。


ありゃ。写真が上手く撮れてない(-_-;)


食べてみると、ちょっと柔らかすぎて、鳴門うどん特有のふるふるぷりぷりした食感に欠けてたのが惜しいけど、良いコンディションの時にはけっこういい線行ってるであろうことを予想させます。

そしてコロッケ!
そう。これです。大きめに切った茹で玉子がゴロゴロ入ってるこの感じ!この大きめの茹で玉子がポイントです。そして胡椒がしっかり効いていること。本店と大麻店のはこの「茹で玉子ゴロンゴロン感」に決定的に欠けてるんやー





モッチモチえび天がなかったのがとても残念ぢゃ!売り切れてたのかな?

いつもどういう運営をされているのかわからないけど、この日は女将がひとりで切り盛りされていました。

明るい店内で、明るい女将とお話ししながら食べるうどん。他の鳴門うどん系のお店にはなかなかない、明るく華やかな食空間です。お店のすぐ前では海も眺められて、いい感じでしたよ。



こんな場所で、鳴門の人々に根付いてこうして鳴門うどんのお店がある。やはりこの土地には、ソウルフードとしての鳴門うどんが存在し続けるのかもしれません。

鳴門の皆様、本家舩本系のコロッケとえび天が変わってしまったなどと嘆きまくったりして、すいませんでしたm(>_<)m

。。。でもやっぱりあのオールドスタイルのやつが好きなんですわ。

【手打ちうどん 藤井】
徳島県鳴門市瀬戸町明神鳴谷114-9
9:30~14:00
日曜祝日休業
駐車場8台

関連記事
■舩本 末広店 2006年鳴門うどんとの衝撃の1st.コンタクト
■大井食堂 2006年
■舩本 高島本店 2006年

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載


うどん ブログランキングへ



関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

宇和町卯之町 歴史散歩 愛媛県西予市
西予市宇和町卯之町 伝統的建造物群保存地区

十数年、四国を走り回ってますが、普段は仕事で「点と点」を結ぶだけの移動になりがちで、長年通った町のことも、実はよく知りません。

今回、宇和町の「丸一食堂」さんで食事をしたあと、宇和町を散歩してみました。

宇和町は宇和島の少し北側に位置します。海沿いではなくて、少し内陸に入った位置。

丸一食堂さんが在る旧街道を少し歩きます。






旧街道から、少し山側に登っていくと、そこに風情ある町並みがありました。





宇和町は宇和藩の在郷町、宿場町として栄えたそうで、江戸時代中期から昭和初期の建造物が多く残っているらしい。

ここから坂道をさらに登っていくと、開明学校があります。





この開明学校は明治15年建築、西日本最古の擬洋風小学校舎だそうです。現在は教育資料館。

で、ここで気付きました。
この周辺の施設。。。本日月曜日は。。。全て休館日!

なんてこったぁぁぁ!
雨は降ってるわ、施設は休館日やわ、ついてないぞこれは!

誰も歩いてない休館日の雨の日。こんなレトロな町の中にひとり佇んで、タイムスリップしてきたような錯覚を覚えました。逆に言えば、これはこんな日にしか体感できない「卯之町散歩」の魅力なのかも。


ほんまにだーれも歩いてない(^_^;)







松屋旅館。有名な人もたくさん泊まりにきたようです。




高野長英の隠れ家


宇和米博物館(旧宇和町小学校舎)

長い建物!109メートルの廊下で、雑巾がけのタイムを競う「Z1グランプリ」で有名。これってテレビで見たことある!これがこの宇和町の施設のことだったとは!「ロケみつ」で稲垣早希ちゃんがプラグスーツ着て雑巾がけしたとこやんか!知らんかったー!

しかし。。。はい、ここも休館日だったので、その肝心の廊下、見られへんかったやないの(-_-;) 自分のついてなさを恨むぜ。

でも、雨に濡れてしっとり佇む歴史ある町並みは、とても静かで趣があって、素敵でした。

施設の中の見学は、また次回に!

クリックで拡大↓




にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
四国うろうろ旅


関連記事

テーマ:中国・四国 - ジャンル:旅行