プロフィール

鈴丸

Author:鈴丸
大阪在住のうどん好きです。讃岐うどんを中心に四国と大阪での日々を綴ってます。画像は携帯電話のカメラで撮影してるので、ショボくてすみません。

ブログ内検索

四国探訪ガイド

ポチプリーズサンキュ!

FC2ブログランキング

応援ポチプリーズ

FC2Blog Ranking

サンキュ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

鈴丸★小麦粉日記
大阪在住うどん大好き人間の香川&関西圏の讃岐うどん偏愛記や四国の旅雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほうばい 高知県土佐清水市 流木アートの謎の砦に讃岐もたまげる超絶うどん
【ほうばい】土佐清水市

事件です。
高知の黒潮町にあった「ほうばい」が、土佐清水市に移転してたんですが…そのうどんが超絶進化を遂げて、感動する領域の麺になってました。

アート全開の怪しい店の内外。
カッチョいいオリジナルの薪釜。
ネタは満載ですが、とにかくうどんがウマかった。久しぶりに感動するうどんに出会いました。いやー、こんな四国の端っこ(失礼)でこんなうどんに巡り会えるとは!

「ほうばい」さんには以前もびっくりさせられました。幹線道路から外れて、広大な海浜公園の中に突入してどんどんどんどん海岸に接近していくと…砂浜の横にあった。ありえない立地。なんちゅーうどん屋やねん。
【移転前の過去記事リンク】
太平洋のうどん屋さん ほうばい 高知県黒潮町

そんなほうばいさんが移転されたというので、四万十市からクルマを走らせて土佐清水市へ。


碧い海を見渡す場所に、謎の砦が出現。
な、なんじゃこれ!




これが新しい【ほうばい】の雄姿であります。
相変わらず…びっくりさせよるなー(笑)。

流木で組まれた怪しい砦の中に入ると、そこもいろいろ楽しすぎる意匠に満ちた素敵空間!








厨房にはなにやらカッコよすぎる釜が鎮座しているではないか。なんだこれは。




すると…おぉ!
やはり薪釜ではないか!
オリジナルの釜だそうです。

地元の山から出る木材を燃料に使用。強い火力でうどんの茹で具合も最高だそうです。

そして移転に際して、粉もいろいろ試行錯誤して見直し。北海道キタホナミに、愛媛県産の地粉をブレンドしているそうです。

ぶっかけ冷やで食べてみると…。




なんだこれは。
外は柔らかく、中心に向かって徐々に固くなる多層構造。柔らかいのに固く、固いのに柔らかい。瑞々しくてピチピチヌルッとしていて、優しいのに芯に固コシもある。モチモチ感とも違う、奥深いフクザツなテクスチャーです。端っこの太~いピロピロ部分が入ってたのも嬉しい。また違う食感!

これは…ウマいぞ。久々の「気持ちいいうどん」です。香川で似た感じのうどん屋は、ちょっと思い浮かばない。

店内の看板にある口上の
【さぬきもたまげるほんまの手打ちうどん】
の表記は、偽りなくホンモノです。


つけ系の出汁には、地元名産の宗田節を加えたものに改良。いろいろ進化しています。

アートあふれるお店の楽しいエンターテインメント性と、食材を厳選し丁寧に手づくりされた美味しいうどん。

遠いけれど、それでもわざわざ行きたくなる店、いろんなメニューで食べたくなる店、季節ごとにいろいろな楽しみ方をしたくなる店、ですね。

流木が組まれた屋上テラスに座って、太平洋を眺めながら食べると、また格別だろうなぁ。




でも…土佐清水市はやっぱり遠いなぁ。
でもまた食べに行きたいなぁ。
うーん。悶々するぜ。

【ほうばい】
高知県土佐清水市久百々122
平日 11:30~16:00
土日祝 11:00~麺切れまで
月曜定休

【関連記事】
ほうばい 2014年6月

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

KUA'AINA クアアイナ 高知県四万十市 四万十川と沈下橋と爽やかうどん
【KUA'AINA クアアイナ】高知県四万十市

四万十市(旧 中村市)は、遠い。
松山から行くのも、高知市から行くのも、遠い。
でも、松山道が津島まで開通したことで、松山から行く時間がかなり短縮されました。良かった!

今年は、仕事の前日に南予の海の景色を楽しみながらドライブして四万十市まで移動。夜は「四万十の宿」という素敵なホテルに泊まりました。






翌日。仕事を済ませたあとは、四万十川最下流の沈下橋「佐田の沈下橋」を見に、ちょっとドライブ。




そしてそのあとは、うどん屋さん「KUA'AINA」さんへ。
2012年オープンですが、去年は営業時間に間に合わずに断念。今回が初訪問です。


カフェ風のお洒落なお店。
高松の「鶴丸」で修行された大将が、鶴丸直伝の見事なすかし打ちでうどんを打っておられます。

店内。可愛いなぁ。いい感じですね。
長居したくなりますなぁ。






週替わりメニューの【梅まぶしうどん】
自家製梅干し、大根、かいわれ、鰹節。
中細のキュンと引き締まった麺を、爽やかに食べさせてくれます。




梅干しの爽やかさで、胃袋が活性化したのたので、かけうどんも食べました。


いりこと昆布の香る温かい出汁につかると、キュンとした麺に優しさがにじみ出てきます。

四万十川 河口の町にも、香川のDNAがしっかりと根付いてました。

(訪問日:2013年6月14日)

【KUA'AINA】
高知県四万十市具同田黒2-6-7
0880-37-2005
11:00~14:30
火曜定休

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載
関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

三里うどん本舗 高知市 盛夏のオープンエアうどん
【三里うどん本舗】高知市

昔。香川の製麺所をいくつか訪ね始めてみてすごく新鮮だったのは「外でうどん食べる」という体験。

雀たちにうどんやりながら食べた。
イスじゃなくてブロックに座って食べた。
暑い陽射しに目を細めながら食べた。

うどん出汁に映り込む青空。
丼の中に、夏があった。
うどんSummer。


そんなオープンエアなうどん体験が出来るうどん屋が、高知にもある。三里うどん本舗。最近のワシのヘビーローテ店であります。


先週も行ってきました。
盛夏であっても、厨房前の「屋内エリア客席」も冷房なし。ドア解放で、扇風機が回ってます。



そして「釜玉クラブ」などの怪しさ溢れる掲示もある「オープンエアエリア」には、南国土佐の太平洋からの夏の風が吹き抜けています。




あ、三里うどんさんは海からは離れてるので、さっきの「太平洋からの風」のくだりは、あくまで「イメージ」です(笑)。

【後日追記】
三里の大将から「うち、海はすぐそこやで」とご指摘がありました。うわ!ほんまや!知らんかったー。土地勘がない関西人なもので。。。失礼しました。太平洋からの風は、イメージではなくて、リアル潮風でした(笑)

ええなぁ。このゆる~い感じ。
ここで大将とのんびり語りながら、ウマいうどんを脱力しながら食べる。

幸せというのは、多分こんなカタチをしてるんだと思います。


ここは、お店にファンクラブが出来たという伝説の丸亀「こうめ」の大将と奥様がやっておられるお店。初訪問の時は気づかんかったんやけど、2回目に行った時に「こうめノート」を発見して、びっくりしました。ワシ、結局こうめさんには行けずに終わってたので、まさかの高知での復活に感謝!





「限りなく透明に近いダシ」に、可愛いルックスのえび天を浮かべたこの丼風景の素敵なことよ!このビジュアルをタペストリーにして、ひと夏 飾りたいです。


そして連日の暑さによる夏バテをぶっ飛ばせ! パワフルさのカタマリ、牛すじぶっかけドーン!


2杯食べて、エンジン始動。
高知の仕事をバリバリこなしたぜ!

盛夏の三里うどん本舗、いいですよー!

【三里うどん本舗】
高知市十津2-4-11
7:00~14:00
水曜定休

三里うどん過去記事
三里うどん本舗 秘境的佇まいの奥に輝く限りなく透明なアレ

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載
関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

讃岐一番 堺市 かっぱ上陸
【讃岐一番】堺市


讃岐一番の期間限定メニューが新しく登場。

まずはこれ!

『ささ身がっぱうどん』

果たしてこの名称だけを見て、そのうどんの全体像を完璧に組み立てることが出来る人がどれだけいるだろうか。

「がっぱ」という字面を見て、往年の怪獣映画を思い出した人は、けっこうなSF/怪獣/オカルトマニアですな。日活が作った唯一の怪獣映画「大巨獣ガッパ」。カルトですw。見たことない人は、ちょっと検索して見てみてください。けっこう衝撃的です(笑)。

あかん。ブログ書き始めるとつい脱線して長くなる。うどんの話し、しよ。

ささ身がっぱうどん。
その正体は…これ!


きゅうり!きゅうり!きゅうり!
はい。見事な「かっぱ」ぶりです。
きゅうりとすだちとささみが入った冷やかけ。

きゅうりとすだちが体を中から冷却してくれる爽やかな1杯。クールダウン効果は絶大。これぞ盛夏にぴったりなうどん!

ささみがけっこう食べ応えがあるのであっさりしすぎることはなくて、この1杯だけでも満足感が高いです。
もうちょっとたっぷり出汁入れてほしいけど(・ω・;)ノノ

さて、次は翌日に食べに行ったこちら。

『ねばねばうどん』

これはわかりやすい!
とにかくねばねばしてるうどんなのは想像がつきます。

正体はこちら。ドンッ!


めかぶ、オクラ、山芋、かつお節が入った冷やかけです。
(すんません。画像のうどんはワシの好みでかつお節を抜いてもらってます)

ぶっかけではなくて冷やかけにしてるところがポイントですね。ぬるぬるトロトロが冷たいかけ出汁にのばされて、ツルリと食べやすくなってます。

こちらは夏バテで弱った体にすごく良さそうです。うどん界の薬膳かもしれませんな。

めかぶが三杯酢の味付きのやつを使ってるので、個人的にはその甘さがちょっと邪魔してるかなぁ、と思う。

3つめの新メニュー『しらすおろしうどん』はまだ未食です。出張から帰ったら食べに行こっと。


2013年 お盆休み情報が掲示されてたので貼っておきます。



関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。