プロフィール

鈴丸

Author:鈴丸
大阪在住のうどん好きです。讃岐うどんを中心に四国と大阪での日々を綴ってます。画像は携帯電話のカメラで撮影してるので、ショボくてすみません。

ブログ内検索

四国探訪ガイド

ポチプリーズサンキュ!

FC2ブログランキング

応援ポチプリーズ

FC2Blog Ranking

サンキュ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

鈴丸★小麦粉日記
大阪在住うどん大好き人間の香川&関西圏の讃岐うどん偏愛記や四国の旅雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虎龍 観音寺市 ついつい中華そばを注文してしまううどん屋
虎龍 観音寺市






虎龍(こたつ) 観音寺市
2011年3月オープン

ここはタイミングによると「店内中華そば注文占有率」が80%を越えてたことがある。そんな時にうどんを食べてると、かなりの「異邦人感」を感じたりする。

それくらい虎龍の自家製麺による中華そばは、インパクトも人気も絶大。なんか、突然ここの中華そばが無性に食べたくなる時があるんですよねー。うどんも食べたいんやけど、ここ最近、虎龍のカウンターにたどり着くと口が自動的に「中華そばッ!」と発音しよる。えびラー油のうどんも食べたいのに…つい。

自家製の麺は、うどん用と中華麺用の小麦粉をブレンド。モンゴル産かんすい、ベトナム産天日塩、たまごを練り込んだもの。うどんの製法で作るとか。この縮れのある太麺の味と食感がたまらんのです。表面トゥルントゥルンで、うどんっぽいコシや風味もあるぞー。麺の存在感が、すごい。

スープは、うどん出汁+国産とりがら+豚骨。こいつがけっこうトロみまである濃厚なやつなんですが、うどん出汁のおかげか、なんとなく優しい和風な不思議な感じにまとまってる。

麺、スープともに「ちょいうどんっぽい」のが、虎龍の中華そばのアイデンティティかな。てっちゃんの「ラぅどん」よりも「うどん指数」は高いと思います。

乗ってるチャーシューとメンマが、これまたクオリティが高いので、麺の食感とスープの独自性と合わせて、丼1杯にエンターテインメントが詰まりまくってます。

テーブルに「観音寺にんにく油」ってやつが置いてあるので、こいつをちょっと入れるとまた風味がモデルチェンジするので、楽しいです。



最近はずっと、昔やってたわかめうどんは、やってないようですね。

あとは『燧の海老のえびラー油のぶっかけ/肉ぶっかけ/しょうゆ』がとても美味しそうなんですが…前述の通り、いつも中華そばを注文してしまって…ワシ、まだ1回も食べてないー(汗)

いつも(中華そば食べたあと、2杯目に食べよ)と思うんやけど、中華そばがけっこうお腹にどっしり来るので、(えびラー油、こんどにしよ)と思って、ずーっと持ち越しになっとる。果たしてワタクシはいつ虎龍のえびラー油うどんを食べられるのでしょうか。



虎龍(こたつ)
香川県観音寺市三本松町4-2-16
11:00~14:30
16:30~20:00ごろ
月曜定休

中華そば 550円
えびラー油ぶっかけ 350円


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

わらび warabi 貝塚市 新規開業の大将はNGKで出会ったあの人だった
わらび warabi 貝塚市
【関西の新規オープン店】
2012年12月3日オープン
【追記:2013年6月21日に移転、店名変更されています】




昨日、貝塚の「warabi」さんに、猫さんと行ってきました。なんだかんだで追加注文して、結局ふたりで4杯食べたあと、お店の大将がこちらに来られて ひとこと。

warabi「もしかして、NGKに来られた方ですか?」

ワシ   「げっ!あの時いらした方?」
warabi 「そうです!」
ワシ  「なんとなー!」
warabi 「●●●さん、ですよね」(某SNSハンドルネーム)
ワシ 「どひゃー!」

遡ること10ヶ月。2012年5月25日。
なんばグランド花月(NGK)のイベントに、香川高松の「もり家」さんが出店。そこでもり家のスタッフとしてうどんを提供されていたのが、このwarabi店主 藤田さんだったのです!当日はもり家のボスも来られてました。その時に撮らせていただいた写真がこれ!↓



さらにもっと遡ること数年前。某SNSうどん系掲示板で、うどん屋開業を目指して渡讃し、もり家に修行に飛び込んだ当時の藤田さんともワシは会話を交わしていたのです。

数年来の縁が、今日こうして貝塚の藤田さんのお店に繋がったことに、感動しました。

今は修行を踏まえながらも、自分のうどん、自分の理想のお店の形態を目指して、日々研究を続けておられます。あえて「讃岐」は名乗らず、先入観なしに地域の人々に食べてもらえる「俺のうどん」「俺のうどん屋スタイル」を確立していく、ということかな。

今日いっぺんに書けないくらいたくさんお話ししたので、また少しずつ書いていきますね。お店のメニューそれぞれに、修行時代に工夫して生み出したもの、香川で出会った人との縁で生まれたもの、たくさんの「物語」があります。香川での3年間は、濃密な時間だったんでしょうね。


今日のうどんも、最近変更を加えたものだそうです。表層は柔らかくなめらかで瑞々しい。トロリとした舌に吸いつくような感触まで感じます。表層からスッと柔らかく入った歯を、芯のモチッとした粘りコシが受け止める感じ。

この麺はかけでは少し緩く、出汁を濁らせる感じになってたけど、冷やぶっかけやカレーのメニューでは独特の色気を発揮してました。今日は食べてないけど、釜たま系にもかなり合ってると思う!次はぜひマスカルポーネの天ぷらを加えた釜たまを行ってみたい!


今日食べた4杯!
【かけうどん】
麺は少し緩く、出汁を吸い込む感じ。小麦の香りが出てます。出汁は味の底にイリコを感じさせながら、表面に鰹が香るようなイメージかな?優しいかけうどんです。



【エビちくぶっかけ(冷)】
冷たい麺は、柔らかさとコシのミックスされた色気をよく感じることが出来ました。さっくりクリスピーに揚げられたちくわが特に素敵。





【キーマカレー系カレーうどん】
玉子天トッピングで。最初は甘みを感じて後から辛みが来る。肉と野菜の旨味を凝縮したキーマカレーがもっちりした麺に絡むと、うどんの持つ甘味が浮上してくるから、不思議。さらにそこに玉子を割ると、ほら、そこにパラダイスが!





【出汁系カレーうどん】
チーズの天ぷらと玉子天トッピングで。
トロみのあるカレー出汁に、このチーズ天が溶け込むと、めちゃくちゃウマい!マスカルポーネを揚げてあるので、コロモをサクッと割ると、完全に溶けたクリーミーなチーズがトロ~リと広がります。カレーとチーズのハーモニーを楽しんだら、次はそこに濃厚玉子の半熟を割って仲間に加えます。はい、ここにも極上のパラダイスが出現!テンションは上がりっぱなしです。





【サービスで出していただいた 冷たく頂くカレーうどん】
特に夏場に汗をかかずにキリッと体と心を刺激して元気にしてくれそうです。



【うどんのお菓子】
うどん生地を平らに広げて伸ばして揚げたもの。カリッ、サクッとクリスピーながらも、最後はもっちりした食感が出る。この楽しい食感の変化はクセになる。お酒のあてにも最適。



結局いっぱい書いて写真もたくさん貼ったけど、まだまだ他にも楽しみが。これからまだまだうどんもメニューも進化していきそうで、その変遷を追うのも楽しそうです。

warabi
2012年12月3日オープン
貝塚市脇浜1-3-5 (旧26号線沿い)
【追記】2013年6月21日
うどんのwarabiさんは岸和田に移転されました!店名も変更になっています。
うどん蔵ふじたや
岸和田市筋梅町8-9
新しいお店の記事リンク→うどん蔵ふじたや



関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

福まさ 坂出市 かけで勝負 これはウマいぞ
福まさ 坂出市

【追記】福まささんは、残念ながら2013年6月閉店されました。復活を祈っております!













2012年 新規オープン店アーカイブズ
(遅ればせながら去年新規オープンしたお店の訪問記を書いてます)

福まさ 坂出市
2012年6月11日オープン

しまった。ワシは猛烈に後悔しているッ。
こんなにピカピカ輝いている志の高い店に、ずーっと未訪問だったのぢゃ。林田ハローズのちょっと東。坂出から高松に抜ける時に何回も前を通ってたのにー(汗)

初めて食べに行ったのが今年2月。あぁ、失われた8ヵ月間!それを取り戻すために、また食べに行こーっと。今月も食べに行ってきました。


『「かけ」だけで勝負できる店にしたかった』

若い店主がここまで言い切る新店、最近あっただろうか?

かけ200円。冷かけ220円。あと、ぶっかけ。それと、肉。手打ち、無化調。とてもシンプル。

店の佇まい、店内の清潔でシンプルな調度。全てがシンプルで無駄な飾りがない。

「本質」で勝負に出ようとする、芯の通った高潔な精神が、店の佇まいに、そしてその1杯のうどんに、現れている気がします。

しかも「まだまだ未熟者ですから…」と謙虚で、お客さんへの感謝の念が深い。

こんなに清々しく気持ちの良い店、なかなか、ない。


しなやかでのど越しの良い麺は、柔らかいのにコシがあり、コシがしっかりあるのにヌルリとした軟体系粘りの官能的な片鱗を内包する。これは…クセになる要素満載。

出汁がまた良くできていて、イリコがしっかりしてダシ感がかなり濃厚でどっしりしたボディなのに、サラリとしたのど越しであと味が良い。

これはまさに シンプルに「かけ」で味わいたいうどん。

福まさのうどん、かなり好み!
オープンして1年も経ってないのに、やるなぁ。

「ここまで、麺と出汁ばっかり一所懸命やってきて、天ぷらの研究がまだまだでした」と大将が笑ってたけど、いや、それでいいですよ。うどん、おいしく仕上がってるし、天ぷらもまだまだ伸びしろがあるってことですね。


マジメでストイック故か、お店がちょっと地味な印象なんやけど、徐々にもっと多くの人に知られるにつれて地元の人気店になる気配。大将、ナイスガイです。


福まさ
香川県坂出市林田町2485-6
10:00~14:00(麺終了次第)
水曜定休

関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

まるちゃん 東かがわ市引田 東讃にあのかしわざる見参
【まるちゃん】東かがわ市引田
2012年9月19日 オープン










【まるちゃん】東かがわ市引田

2012年新規オープン店アーカイブズ
(遅ればせながら去年の新規オープン店の訪問記を書いてます)
2012年9月19日オープン
2012年9月20日訪問
 
高松の人気店「はりや」で修行して、あの厨房にいらした丸~い顔の人が独立。かしわざる、いかざるをお勧めに据えて、麺質や出汁もはりや直系です。つけ出汁は、はりやより少し甘味を抑えたかな?かしわ天もはりやと同じゴロンとした大きなむね肉。ボリュームあります!かしわ天ファン歓喜!

水とおでんはセルフという方式も、はりやと同じです オープン2日目でオペレーションはちょっとバタバタしてましたが、麺はなかなかのクオリティのものを出してたので、期待できます!

【再訪問 2013年2月24日】
5ヵ月ぶりに訪問。
麺質がかなり変わった?
前回ははりやさんに近い粘りコシを持つ麺だったのが、今回はかなり固めの剛麺系に。個人的には前の感じのほうが好きやなぁ。この甘めのつけ出汁にも前のほうが合ってる気がする。かしわ天はジューシーな仕上がりになってて、前回よりうまかったー!大将も半年経って店主の落ち着きが出てました。お客さんに親切に接しておられますね♪

まるちゃん
香川県東かがわ市引田511-5
引田役場前の歩道橋の所、踏切渡ってすぐ
11:00→売切れ終了(15時前後?)
月曜定休

以前は朝6時から8時まで「朝うどん」やっておられましたが、現在は朝うどん中断中。

関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

瀬戸内国際芸術祭2013 島とアートの祭典 スタート
【瀬戸内国際芸術祭2013】
アートと島を巡る瀬戸内海の四季


瀬戸内海の島々を舞台にいろんなアートイベントが催される「瀬戸内国際芸術祭2013」が今日から始まりました。

春 3月20日~4月21日
夏 7月20日~9月1日
秋 10月5日~11月4日

瀬戸内国際芸術祭 公式サイト←リンク

今年は参加する島も増えて、あの「イリコアイランド」伊吹島も。

アートの島としてすっかり定着してきた直島には、今年 安藤忠雄さんの「ANDO MUSEUM」が開館。

古い民家と安藤氏の現代建築が融合したこのミュージアム、ぜひ見に行きたいです。本村地区にあって、内部では直島の歴史がわかる写真展示も。建築過程がドキュメンタリーでテレビ放映されたから、ご覧になられた方もいらっしゃるかも。

安藤忠雄 ANDO MUSEUM←リンク

直島に関しての過去記事リンク貼っておきます。うどん屋さんもね!あと、いくつかの直島画像も。

行ったことのない他の島も 巡ってみたいな。

【直島関連リンク】
直島 2007
直島 2006
直島 2006

【直島うどんリンク】
山本うどん店 2012
でんさく 2012
木の崎うどん 2012
山本うどん店 2006















関連記事

テーマ:展示会、イベントの情報 - ジャンル:学問・文化・芸術



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。