プロフィール

鈴丸

Author:鈴丸
大阪在住のうどん好きです。讃岐うどんを中心に四国と大阪での日々を綴ってます。画像は携帯電話のカメラで撮影してるので、ショボくてすみません。

ブログ内検索

四国探訪ガイド

ポチプリーズサンキュ!

FC2ブログランキング

応援ポチプリーズ

FC2Blog Ranking

サンキュ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

鈴丸★小麦粉日記
大阪在住うどん大好き人間の香川&関西圏の讃岐うどん偏愛記や四国の旅雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜雲 ソフトクリーム 高松市
20090625234628
【竜雲のソフトクリーム】

カレーうどん食べたあとのソフトクリームは、たまらん♪ごまダシ系メニューもけっこう濃厚なので、食後はソフトクリームでお口をさっぱりクールダウン♪
   
写真を撮ろうと思って、店の外のベンチに座って携帯出して…としてたら、この日はめちゃくちゃ暑かったのでソフトクリームがみるみるうちに溶けていく~(>_<。)
   
で、画像のようなヘナヘナな状態に。むははは
   
「牛乳風味」のあるおいしいソフトクリームでした♪
関連記事
スポンサーサイト
竜雲② カレーうどん 高松市
20090625234220
20090625234217
【竜雲のカレーうどん】
   
お客さんと一緒に竜雲さんを訪問。2回目です。

今回はカレーうどんにしてみた。

『オリジナルスパイスのカレーうどん』ってメニューに書いてあったら、カレーうどん好きのBOYS & GIRLS & おっさんSはカレーうどんを注文するしかないでしょう。
   
注文したのは「えび天カレー」630円。麺の上からトロミのあるカレールゥをかけるタイプです。甘みが前に出て、辛さが後からくる感じ。香ばしくコクがあって麺とえび天の双方に合う感じで、なかなかよかったです。ただ、この日の仕上がり具合だけやと思うけど、カレーだしの塩分が強くてしょっぱかったのが惜しかったです。
関連記事
竜雲① ごまだれつけうどん 高松市
20090623231415
20090623231413
20090623231410
20090623231408
20090623231405
まずは先月、5月に初訪問した時の報告です。

お寺の境内にあるお店。隣接する仏生山公園と、厳かなお寺に抱かれた安らかで静かな空間。こんな素敵な場所にうどん屋さんがあるなんて!知らんかった~

うどんと散歩とぼーっとのんびりするのとで2~3時間ほど費やしたい感じです。

地元のお客さんに聞くと、ここは社会福祉法人の竜雲学園さんが運営しているお店だとのこと。うどんに関しては、お店だけでなく、工場で製造した半生麺などがスーパー等に出荷されて販売されています。

農場も運営されていて、そこの牛乳で作られたアイスクリームやソフトクリームが、ここ竜雲でも食べられます♪
お花の栽培も行っているらしく、竜雲うどんの前には生産物販売店「フロレリア」もあります。

うどん・花・農産物の生産に従事して、さらに店舗を通じて地域と交流する。就労・生活支援のためのひとつとしての側面も持つ「竜雲うどん」さんです。


さて、お店は全面改装されたばかりとのことで、きれいです!座敷もあって、ゆっくり寛いでうどんを楽しめる空間が提供されています。

ここで食べたのが『ねぎと温玉のつけうどん(ごはん付き)』500円

練りごまがたっぷり入った甘辛の濃厚なつけダシで食べます。つけダシの中にはネギとトロトロの温泉玉子。

ごまダレファンの皆様、これはたまりまへんで♪

ツヤツヤで濡れ濡れな透明感、そしてぬ~んとした伸縮性と反発系弾力のある麺。これと濃厚なごまだれのコラボは、どっしり重厚ながらも軽やか。濃く重くなりがちなゴマだしを、麺の瑞々しさでスルリと食べさせます。

竜雲さんの『食べ方ガイド』によると
①まずはつけダシにそのまま麺をつけて食べる
②次にダシの中の温泉玉子を割り、うどんと絡めて食べる
③残ったダシをごはんにぶっかけて食べる

↑この③、たまりません♪
トロ~リとろける半熟の温玉がごはんとまろやかに混ざり、それを濃厚なゴマとダシの双方の旨味と香りが包み込みます。③の工程の楽しみのためにも、なるべくトロトロの玉子は残しておくのがコツだぜ!

ダシに残ってたゴマも、ごはんと一緒に全部完食~。セサミン大量摂取でヘルシ~♪元気倍増ぢゃ~♪


↑③まで完食すると、好みによっては、ちょっとゴマと甘辛つけダシが濃厚すぎる…って感じる人もいるかもしれません。でも僕は好きです♪ゴマフェチだから♪


他メニュー(参考)
■担々つけうどん 550円
■牛と温玉のつけうどん(すき焼き風)
■ちく天ぶっかけ500円
■カレーうどん 450円
■かけ 250円
■釜あげ 400円

高松市仏生山町
法然寺境内
10:00~15:00
火曜定休
関連記事
宮武製麺所 お水は冷水機から 高松市
20090622211039
20090622211037
20090622211035
20090622211031
【宮武製麺所】高松市
   
香川出張最終日は、うちのお客さんと「ちょっとうどん行きましょか」ってことに。竜雲に行ってみたい…とのことだったので、そこに向かうついでにちょっと寄り道。

琴平の宮武うどんは閉店してしまったけど、ここ仏生山のほうの宮武さんは変わらず営業してます(o^-')b
ここの「昭和の食堂」って雰囲気が好きです。
   
初めて「冷やしうどん」を注文したんやけど、丼に水が入ってない。一瞬「あれ?」って思ったら、おばちゃんが「水はそこの冷水機から入れてね~」。
   
コップに冷水を入れるとこに丼を押しつけてお水をチュ~っとね。おもしろ~い♪ キュンと締まった素朴なうどんです。つけダシも醤油辛くて田舎風。
   
あ、ここの「かけ」は、すんごく「懐かしい味」がするのはなぜでしょうね?天かすいっぱい入れるのが似合いますね。
関連記事
まはろ さぬき市寒川
20090621194243
20090621194240
20090621194238
20090621194235
いつもなかなか寄れない「まはろ」。

ここはとにかく「天ぷら」
行った時にはあれも食べたいこれも食べたい。

季節物の天ぷら食べたいし、でっかい肉厚穴子のベースケ食べたいし、えびのかき揚げ食べようと思ったら売り切れやったり・・・・・・・とにかくまはろはいつも「天ぷら」が悩ましい。

天ぷらプロフェッショナルやからな。

そんな折り、知り合いがポツリとつぶやいた。

「とり天ってさ、まはろが最強じゃね?」

その時、居合わせた「うどん&とり天ジャンキー」数名が色めき立った。

「な、なにぃーッ?」
「ま、まはろの鶏天かぁ!」
「しまった!ベースケやえびかき揚げばかりに気を取られて、とり天を注文してなかったぁ!」
「メニューに、かしわ天系、あったか?」
「壁のメニューにはあったはずだ」
「いや、まはろはうどん種別と、希望の天ぷらを組み合わせて注文するのが基本だ」
「あ、あのコロモに包まれたとり肉…あぁ、想像するだけで俺たちかしわ天ジャンキーは…もう…だめだ!」
「ていうかさ、とり天っていうのか かしわ天っていうのか、どっちが正解なんだよ?」



そんなわけで。
とり天+ぶっかけ。

カリカリのサックサクの独特のコロモに、360度ぐるり全方面を完全に包囲され、くるみ込まれ封じ込められた鶏肉が、熱々ジューシーに香りますぅ♪

最強かどうかはともかく、このコロモのとり天は、うまいっす。

でもこの日の麺はちょっと色気と元気がなくて単調で、主役をとり天に持っていかれた感じだったかも。うどんもがんばれー。


とり天ぶっかけ 630円
関連記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。