プロフィール

鈴丸

Author:鈴丸
大阪在住のうどん好きです。讃岐うどんを中心に四国と大阪での日々を綴ってます。画像は携帯電話のカメラで撮影してるので、ショボくてすみません。

ブログ内検索

四国探訪ガイド

ポチプリーズサンキュ!

FC2ブログランキング

応援ポチプリーズ

FC2Blog Ranking

サンキュ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

鈴丸★小麦粉日記
大阪在住うどん大好き人間の香川&関西圏の讃岐うどん偏愛記や四国の旅雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カントリー:琴平町
20061023211121


20061023211120


秋の讃岐路はあちこちにコスモスが咲いてます。

コスモスを「秋桜」と書くことは…さだまさしが教えてくれました。

まぁ、そんなことはどうでもいいのです。
カントリーです。

琴平から宮武うどんに向かう「宮武ロード」を東へ

コンビニ跡が新しいうどん屋さんになっとるなぁ。ここはまだ行ってない。ん~チェーン店かな?でも今日はここには行かずにカントリーに行こう。そのうどん屋さんの交差点をクイッと曲がる。

はい。着きました。カントリーっていうぐらいだから、ログハウス風のお店…ってことはなく、ごく普通のお店であります。

ひやかけを注文。

ん!表面は柔らかくて芯にコシがある感じのうどんです。ツルツル感は抜群で、飲み込んで食べられる感じの麺でした♪

【カントリー】
琴平町下櫛梨1020-5
木曜定休
11:00~19:00

ひやかけ \170

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

須崎:高瀬町
「外からはうどん屋さんに見えないとこでうどんを食べようシリーズ・食料品屋さんでうどん? その②」

須崎です。高瀬町上麻の古い住宅街の中にあるらしいが…え~と……どこや?

その日、俺は細い路地をクルマでさまよっていた。少し開けた場所に出たので、クルマを停めた。おばちゃんが歩いてきたので、窓を開けて言った。
「あの~、このへんに須崎っていう、うどん食べさせてくれるお店、ありませんか?」

おばちゃんは一緒キョトンとした顔をしたが、すぐに人差し指を立てた手をまっすぐ前に上げて言った。

「ここ」

え?こ、ここなの?

200610222329152

上杉食品よりは大きなお店。おばちゃんたちが買い物してる。しかし…入るべきはこちらのお店の扉ではない。

右側の扉が製麺所らしいのだが…う~ん…中が暗くて外からはよく見えん。

これ…さっきのおばちゃんにここが「須崎」だと教えてもらってなかったら…かなり開けるのに勇気がいったかも。

思い切ってガラッと開けてみる。

おぉ!ず~っと奥のほうに、湯気を上げとる釜の前におっちゃんが立っている!ここぢゃ!ここが須崎なのぢゃ!

「食べれます~?」
おっちゃんのほうに歩いて行きながら尋ねてみると
「お~、ちょうど釜からあがるとこや」
返事が返ってきた!
やったぁ!ナイスタイミング♪

ここ須崎さん。卸専業なので、お客さん用のイスとか、ありません。厨房のステンレス台のとこで立ち食いです。ただ、丼としょうゆ、お箸は置いてくれてるので、手ぶらで行っても大丈夫です。

うどんが茹であがるのを待ってる間、背の小さい元気なおばちゃんが厨房に入ってきた。どうやらここのおばちゃんらしい。

「そうなー大阪から来たんなー」
陽気で元気なおばちゃんとおっちゃんと、いろいろ話す。ええなぁ~この気さくで親切なおふたり。
「もうちょっと待ってな。釜あげで食べるんがええわ」
お客さんにうどんを食べさせるのが楽しくてしかたない、っていう雰囲気まで感じさせるこのおっちゃんとおばちゃん、好きやわぁ♪
おばちゃん、奥からしょうがを持ってきて、俺のために一生懸命おろし器ですってくれる。ありがと~♪

おっちゃんが釜から上がったうどんを丼に入れてくれた。

20061022232915


ふ、ふ、太いぃ~!!!
う、う、うまそ~♪

ダシ醤油をチャッとかけてズルズルっと!

むは♪

こ、こ、これはマジでうまいぃぃ!

釜あげ独特の、麺の表面のヌメリ。極太麺の表面にまとわりつくこの濃厚なヌメリを「うまい!」って感じた。太くてどっしりしてて「ぶり~ん」「むち~ん」「モッチモチ~ン」噛んだ感触も官能的。

「うまいっす!美味しいっす!」

すごい勢いで食べてる俺を、おっちゃんとおばちゃんがニコニコして見てる。

「あ~おいしかったぁ♪おいくらですか?」
「100円♪」

うまいうどんと優しいおっちゃんおばちゃんの笑顔。

100円は安すぎるなぁ、などと思ってしまいました。

【須崎】
三豊市高瀬町上麻
8:30ごろ~昼ごろ
小 \100


関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

上杉食品:豊中町
200610222316112
20061022231611
「外からはうどん屋さんに見えないとこでうどんを食べようシリーズ・食料品屋さんでうどん? その①」

上杉食品さんです。「うどん」ののぼりが外に出てなかったら、まず間違いなく前を通りすぎてしまいます。さらに、クルマで前を通りすぎたぐらいでは「今日は開いてるのか、閉まってるのか」さえもすぐには判別できません(失礼)。

さて、扉を開けてみましょう。

お店にはいろんな日用品と食料品が並べられてます…っていうか…適当に置かれてあります(失礼)。
こぢんまりした薄暗い店内にいろんなものが置いてあって、ええ感じの「田舎の雑貨屋さん」です。

その奥に、ビニールクロスがかけられた、まさに「これぞ食堂のテーブル!」っていう感じのテーブルが置いてあって、そこでうどんを食べさせてもらえます。さらにその奥が製麺所になってて、昔は卸と玉売りだけだったそうです。

うどんは柔らかコシの優しい感じで、ダシによく馴染んでます。まさに「食堂のうどん!」って感じのしみじみほのぼのうどんでした♪

ここ、映画「UDON」にも登場してて、壁には出演者のサインが飾ってありました。トータス松本さん、5玉完食したそうです。

三豊市豊中町上高野2791
6:30~麺終了まで
月曜定休

うどん小 \150
うどん大 \250


関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

観音寺:まり&まき
200610222306552


20061022230655

【 ま り 】
交差点の角に「まり」は佇んでいる。年輪を刻んでかなりくたびれた外観からは、扉の中がひなびた食堂であることが連想される。

ガララ

扉を開けると予想はみごとに裏切られる。ダークブラウンで統一されたシックな内装。ハロゲンランプの照明がきらめく。

お洒落だ。

ジャズが流れる店内。カウンターの奥から、ヒゲをたくわえたシブいマスターが出てきた。

………というのはウソで………テレビからお笑い番組が流れる店内に、陽気なおばちゃんが奥から出てきた。

「なんにします?」
「みそ汁うどんください」

そう。ここではうどんとみそ汁がコラボレーションしているのだ。

うどんとみそ汁が合体すると、なぜか「おふくろの味」っぽい風情になる。

でも実際にはおふくろがみそ汁にうどんを入れてくれたことはないんですけどね…。

麺は…干しうどんみたいな形状と食感だな…と思ったのは、私だけ?



200610222306542


20061022230654

【 ま き 】

初訪問。

お店に入ると5人のおっちゃん達がテーブルで談笑している。その中のひとりが「いらっしゃーい」と声をあげた。

ん?このおっちゃんがここのご主人なのか?

えび天ぶっかけを注文。

夕方遅い時間に行ったからだと思うけど、冷たくなった揚げ置きのえび天、固コシ系の麺もあまり元気がなく…残念。


関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

10月のうどん
20061017204853


ホムペ、ブログ共にまたまた長らくほったらかしておりましたが、やっと本日復活。いやぁ久しぶりぢゃの~。またぼちぼち書いていきます。

爽やかな秋空の下。今回の四国出張は11日間となりました。

今回食べた香川のうどん屋さんは、行った順番で書いてみると…

■まき(観音寺)
■まり(観音寺)
■上杉食品(豊中町)
■須崎(高瀬町)
■カントリー(琴平町)
■山神うどん(満濃町)
■ます家(小豆島)
■はまかいどう(高松市)
■滝音(三木町)
■三島製麺(琴南町)
■谷川米穀店(琴南町)

以上であります。

これ以外に
■味十味(愛媛県松山市)
■うどん茶屋北斗(愛媛県松山市)
■ロンドン(愛媛県八幡浜)でチャンポン
■安兵衛(高知市)で中華そばとぎょうざ

などなど、今回もかなり麺類、食ったなぁ。でも今回は、せっかく高知に行ったのに高知うどんを食べられなかったのが残念。さらに鳴門うどんも食べられなかった。あの「やわやわの優しさ」がまた恋しくなってきております。

食べたぶんは、全部ケータイで写真を撮ってきたので、ぼちぼちマイペースでブログに書いていきま~す!


関連記事

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。