プロフィール

鈴丸

Author:鈴丸
大阪在住のうどん好きです。讃岐うどんを中心に四国と大阪での日々を綴ってます。画像は携帯電話のカメラで撮影してるので、ショボくてすみません。

ブログ内検索

四国探訪ガイド

ポチプリーズサンキュ!

FC2ブログランキング

応援ポチプリーズ

FC2Blog Ranking

サンキュ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

鈴丸★小麦粉日記
大阪在住うどん大好き人間の香川&関西圏の讃岐うどん偏愛記や四国の旅雑記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

踊るうどん永木 ありがとう2代目大将 そして踊るうどん永木第3期の幕開け

「永木の大将、亡くなられてお店閉めたよ」

2016年5月、松山のお客様からの言葉に、呆然としました。

松山市の超個性的なうどん屋さん「踊るうどん 永木」

2代目の大将が、仕込み中に倒れられ、4月に亡くなられたそうです。

とてもユニークな初代大将が2008年にお店の閉店を決意された後に「後継者がみつかりましたので、お店は続きます!」と宣言され、永木のうどんを継いだのがこの大将でした。

2007年初代大将時代の過去記事リンク

がっしりした体格でゴツいけれど、大きな声で「いらっしゃいませぇ!」「ありがとうございました!」と挨拶されるその笑顔は、お客さんを元気にするパワーと愛嬌に溢れていました。

マジメな仕事ぶりは、永木のうどんをさらに一段、ブラッシュアップさせた、と僕は思っています。大胆で豪放な初代大将のうどん。そこに繊細さと安定感を加味して、2代目独特のうどんになっていった気がします。

踊るうどん永木さんは、ブログにもFacebookにも全然書かなくなったけど、松山での仕事で三津方面を通るといつも寄って食べる「いつものうどん屋さん」でした。 今年の2月に寄って、かけ中盛りと玄米おにぎりを頂いたのが最後になりました。まさか、2ヵ月後にこんなことになってしまうなんて。 とても寂しいです。 美味しいうどんをいままでありがとうございました。 御冥福をお祈り致します。

お店のドアに「申し訳ございません しばらくお休みさせていただきます」という貼り紙がしてありました。 2代目大将が継いで大事に育ててきたお店、誰かの手によって釜に火が入ることがあるのか、この5月の時点ではまだ詳しく知りませんでした。

そして先日。仕事に向かう途中にちらりと見ると

あぁっ!お店の扉の中にのれんがしまわれているうぅぅぅ!

なんだなんだ?

復活したのか?

どういうこと?

とりあえず仕事先にお邪魔して、開口一番に口をついて出た言葉は、仕事のことなんか関係なく

わし「な、な、永木さん、復活したん???」

お客様「そう!後継者みつかってな、やってるよ!」

【踊るうどん永木 第3章 スタート】

初代大将のもとで修行をされたのち、別の道に進んでおられた方が、このたび永木さんを継ぐことになり、初代大将監修のもと、改めて準備をされ、ついに3代目大将としてお店に立たれることになられました!

初代大将から贈られた鮮やかなのれんを掲げ、踊るうどん永木 第3章のスタートです。

店内では2代目大将の写真が、新しくスタートした永木さんを見守っておられます。

メニューも以前と変わらず

おぉ、これは、紛れもなく永木さんのうどんです

2代目大将の麺とはやはり少し違いますが、それでもこれはやっぱり永木さんのうどんです。

これこれ。このおにぎりです。

これもしっかり引き継がれました。

外待ちが出るほどの人気。

やっぱりみんな永木さんを愛していたのですね。

元気な大将の声

お客さんたちの笑い声

釜の湯気

出汁の香り

この場所でこの幸せな空間が復活したこと

壁にかけられた2代目大将の笑顔が、お店全体を守っているような、そんな気がしました。

ごちそうさまでした。

これからもよろしくお願いします。

永木さん、復活してくれてありがとうございます。

2年ぶりにこのブログを更新しました。

「食べるの専門の人」になってましたが、ぼちぼちまたマイペースで書いていこうかな、と思っております。

うどん万歳。


スポンサーサイト
空太郎 松山市 新店登場!頑固者で本当にごめんなさい
うどん空太郎 松山市
2014年2月18日オープン

新しいお店との出会いは突然だ。

香川県や関西圏の新店は「新店ハンター」さんたちが日夜活躍してくれているので、情報の事前入手が可能ですが、香川以外の四国エリアはワシもあまり情報を集めに行ってません。

今回も、いつものようにお客さんとこに行こうと旧空港通りを左折して南にダーッと走っていた。

すると見慣れないポップな看板が目に入りました。が、一瞬で通り過ぎてしまった。

網膜に焼きついて残っている残像をそっと拾い上げてみる。目立つ大きな看板だった。

ええと。。。

Q太郎。。。

ん?Q太郎か。昔のアニメやな。
O次郎って弟がおったな。あいつ「バケラッタ」しか言わんやつやったな。あと、なんかアメリカ人のおばけもおったな。あいつなんていう名前やったかな?

脳内にQ太郎が浮遊する。

さらに残像を拾いあげる

う  ど  ん

あれ?うどん?
あれ、うどん屋か?うどん屋!新店?


1時間後。仕事を終えて舞い戻ってみた。




【空太郎 KUUTARO】

Q太郎ちゃうがな。くうたろうやがな。
俺も完全に古いおっさんになったもんや。今の若い子、オバケのQ太郎なんか知らんでしかし。

で、クルマを停めて行ってみると。。。はい、予想通りのパターン。営業時間、終わっとるがな(笑)

で、翌日、出直して食べに行きました。
ここまで、無駄な前置きが長すぎて、猛烈に反省しています。



広く明るく清潔感あふれる店内!
メニューを見ると、これは明らかに「讃岐うどん系」のお店です。メニューにも「こだわりのポイント」が記載されています。麺と出汁と天ぷらにかける思いとこだわりがドンと提示されとります。





国産小麦粉 無化調 かけ出汁は水出し 三津の田中屋の醤油 天ぷら油は米油 etc.

若い大将は、うどん屋目指して一念発起
、香川でうどんを学び、ここに開業されたそうです。シュッとしたナイスガイだぜ!お母さんお父さんも一緒にお店に入られてて、ファミリーで頑張っておられます。これはまた楽しみな店が松山に出来ました!店名や可愛いロゴ、カッコいい看板等、なかなか素敵です。





メニューを見ると、おっ!鶏天メニューがある(≧∀≦) で、イチオシメニューとかはスルーして(笑)オーダーは「鶏天ぶっかけ」





綺麗に盛りつけられてて、丁寧な仕事が伺えます。あっ。。。鰹節が…(^_^;)

細めエッジシャキーンで、グゥ~ンと伸びる弾力コシのピチピチ麺。元気あふれる麺で、若い大将の新規開業に賭ける意気込みが伝わってくるようなうどんです。鶏天はむね肉で中身ふわっと、コロモクリスピー♪


ぶっかけ出汁は透明感のある黄金色で、丁寧に取られたのがわかる上品で旨いものです。麺とのバランスもいい感じ。

ほぼ同時に入店されてカウンターにて同席した紳士が、松山のブロガーさんだということがわかりました。そのじゅんさんと、石井店主としばしうどん談義。新店でブロガーさんと遭遇するのは松山でも同じなんですね(笑) 松山のうどん屋さんが、これからも盛り上がって繁盛しますように!(ブログじゅんのつぶやき)

【2回目訪問時:天ぷらと釜揚げうどん】
釜揚げでもピチピチ元気麺の印象はそのまま。この麺質なら個人的にはもう少し茹で時間を伸ばしてもらったほうが好きかも。つけ出汁はマイルドに上品にまとまっているけど、何かもうひとつインパクトが欲しいかな。天ぷらの出来は素晴らしい♪塩でイケます。






オープンして3ヵ月ほど。「美味しいものを出したい!」「お客さんに喜んでもらいたい!」っていう気持ちの強さが、お店のスタッフのみなさんから溢れてます。

オープンして間がないからか、うどんを学んだ大和のカラーが今はまだ強い気がします。麺が大和系の教科書通り(?)で少し面白みに欠けるかな。まぁこんなこと言うのは「うどんマニア」ぐらいやから、この麺で当面は良いんでしょうけれど。ここに今後は空太郎さんのカラー、大将の石井さんのカラーがどんどん前面に出ていくんでしょう。全体的に上品でおとなしい感じがするので、グイグイ積極的にやってほしいな。それが楽しみです!

うどん 空太郎
愛媛県松山市空港通3-2-11
089-989-5255
11:00~15:00
金曜定休
駐車場 12台!
2014年2月18日オープン

にほんブログ村 グルメブログ 四国食べ歩きへ
美味しいもの満載


うどん ブログランキングへ



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

麦わら 松山市 軟体コシ麺の快感
【麦わら】愛媛県松山市


松山の未訪問店を訪ねるシリーズ 第2弾。
残念ながら今月は第2弾で終了です。
少なッ(゜Д゜;)!!!

ここ『麦わら』さんはオープンしてもう2年くらい経ってるようです。松山のうどん屋さん、全然研究してなかったなぁ(*_*;)

ここも『こはる』さん同様、ネットで検索すると「丸亀で修行」と情報誌系サイトにありますが、修行先の記載はなし。

あるサイトには「香川・丸亀で讃岐うどんの指導者のもとで修行」と書いてある。

讃岐うどんの指導者?!
なんだそのカリスマ!
店を持たない孤高の達人か、はたまた人里離れた山奥に住むうどん仙人か?

では今日もうどんを食べて修行先を推理してみよう!

いや、別に修行先を解明したところでなんちゃないんやけど。まぁ、ネタってことで(笑)。

お店は、カウンター、テーブル席、個室座敷のある落ちついた構え。特に「讃岐テイスト」は見当たりません。

メニューを見てみましょう。






んー。特に際立った特徴はありませんね。
「梅天」というのと「冷きつね」っていうのに「おっ!」となるくらいかな。

なぜか『醤油うどん』と『鶏天ぶっかけ』だけが、文字がでかい。

これはやはり鶏天ぶっかけを注文せざるを得ない(笑)

「あんた、毎日毎日うどんを食べに行っとるのか、鶏天を食べに行っとるのか、どっちやねん!」
というツッコミは、甘んじて受け入れますw。

出てきたうどん。




細めで、口に入れるとヌルヌルクニュクニュグミグミにゅるん。

おぉ!官能系 軟体コシではないか!
伊予の地でこんな軟体コシ麺に出会うとは!

麺に塩気がわりと残っていて、麺自体に旨味を感じます。これはなかなか良い麺です!美味しい。

噛むと、最後にぷちっと切れてしまうので、ここにもう少し最後の皮一枚で切れない粘りが出ると、官能性MAXになるやろなー。

ぶっかけ出汁はかつお主体。
鶏天は薄くスライスしたムネ肉に軽く下味をつけたもの。鶏天は、前日に食べた「こはる」さんのゴロゴロしたムネ肉天のほうが好みかな。

麦わらさんは、とにかくこのヌルヌルクニュクニュグミグミにゅるんの軟体コシ麺につきますね!

ぬくいのと、釜あげとかで、どんな食感になるのか、食べてみたいです。

で、修行先ですが。
さっぱりわかりまへん。
丸亀で、ムニュムニュ麺なら中村系やけど、それとはまたちょっと違う感じやし。オープンして2年経つので、独自進化を遂げてるだろうし。

まぁ、夢とロマンで「修行先は謎」って結論で(笑) 山奥の秘境に住むうどん仙人に師事、とワシの脳内では結論づけておきます。


【麦わら】
松山市古川西2-8-1 西沢ビル1階
089-958-8116
営業時間が変更されたようです↓
11:00~16:00ごろ
17:30~21:00

ただし木曜日は11:00~14:00

定休日:不定休
(2013年7月は無休)



テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

こはる 松山市 かしわざるいかざるfrom香川?10時39分開店の謎
【手打ちうどん こはる】愛媛県松山市


香川以外の新店開拓を全然してなかったので、今月は松山で未訪問店にいくつか行ってみます。

ここ、こはるさんはネットで検索すると「香川の源内とよしやで修行」との記述がヒットしました。でもソースがはっきりしないので、ほんとかどうかわかりません。店主さんにいきなり修行先を尋ねたりなんかできませんので、うどんを食べて推理してみましょう(笑)。

うどんを推理する前に、店の入り口でいきなり謎解きを投げかけられました。入店前にですよ!


営業時間 10:39~15:00

は?なんじゃこれ?39分て…。
意味わからん。頭上に「?」を浮かべたまま入店し、メニューを眺める。




メニューに「かしわ天うどん」があります。源内出身の線が濃厚になってきました。かしわ天ざるといか天ざるもありますね。これは「はりや」さんっぽい。(源内にはかしわ天ざるはメニューに載ってないですよね。注文したら作ってくれるけど。源内出身のはりやさんの人気メニューとして有名ですね)。

明るくオープンなお店です。カウンター席からは厨房の様子がよく見えて楽しい。麺を茹でてるのが大将かな?揚げものの進行状態、配膳準備の進行を常に鋭くチェックしながら最適な状態で麺を出して行ってます。視線がレーザービームです。俺の頭の中にperfumeの曲が鳴り響きます。厨房の様子、はりやっぽいです(笑)。かしわざるの注文が多いしw。


かしわ天Loverとして、当然「かしわ天ざる」を注文。




細めのシュッとした美しいルックスのストレート麺。
ゆるやかな伸びコシを持ってますが、芯にあまり筋肉は入ってない感じですね。優しくたおやかで端麗な感じ。モタッとせず、スルスルと喉を通る上品な麺ですね。

おっさん的にはもっと元気さやパワフルさが欲しいかな、と思ったけど、この麺は女性にはすごく支持されるんじゃないかな。

つけ出汁は、かつお強め・醤油強めのキリッとしたタイプ。愛媛県でこれはちょっと意外。愛媛だと、ちょっと甘いのをつい予想してしまう。香りが良くていい感じではあるけど、食べてるとちょっと単調に感じたかなぁ。ぶっかけ出汁とかけ出汁がどんなんか、次回食べてみたいな。

かしわ天は柔らかいムネ肉で、ちょうどいい絶妙の火の通し方で揚げてあって、ウマー!

あ、カレーうどんも食べてみたいな。源内さん出身かどうか、カレーうどんたべたらわかるやろ!

で、ここまで、よしやさんっぽさ、なし
(。・ω・。)
■■■追記/2013年7月19日■■■
本日、丸亀の「よしや」さんで大将にこの件をお訊きしました!こはるさんの大将がよしやさんで修行した事実は全くない、とのことです。以上、ご報告でした。噂レベルのことを記事にして、失礼致しました。


【手打ちうどん こはる】
松山市和泉南3-4-1
089-956-0323
10:39~15:00
17:30~19:30 麺切れ次第終了
水曜定休

帰り、女性スタッフさんにお金払いながら、開店時間のことを尋ねてみた。謎がついに解明されます!

「なんで10時39分オープンなんすか?」
「あぁ!えーと、サンキュー!みたいな(笑)」

なるほど!サンキュー!みたいな…そんな感じだそうです!ワロタ。

そういえば、鶴市にあった頃の池上って
10:50~11:40
16:40~17:00
っていう、中途半端な区切りだった。
あの中途半端な時間の理由、るみちゃんに尋ねたことなかったなぁ。

テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ

しらいし 愛媛県大洲市 1本ずつ伸ばされる手延べうどん
しらいし(白石うどん店) 愛媛県大洲市
驚異の手延べうどん!
1本ずつ手で伸ばされてるーッ!




びっくりです。
「手延べうどん」はこれまで何種類か食べてきましたが…こんな作り方をしとる「手延べうどん」は初めてです。

手延べうどんと言えば、細くした生地を2本の棒にかけて伸ばす「そうめん方式」だと思ってたんですが…。

ここ、1本のうどんの両端を手で持って、みよ~んと引っ張って伸ばしとるー!

1本ずつ手で延ばすって!


1本ずつ伸ばした麺を並べていってる!

几帳面で根気のある人間にしか、この作業は出来んな。


白石うどんさんは昭和12年創業の歴史あるうどん屋さん。ということは、今年で76周年。うどんが1本ずつ伸ばされ続けて76年!この76年間で伸ばされたうどんの総延長はいったいどれくらいになるのか?地球を何周もするほど伸ばされたかもしれない。いや、もしかすると月に届くほどの長さのうどんが、職人の両手の間で伸ばされ続けたのかもしれない。

ロマンだ。
手延べうどんロマン。
時空を超えて1本1本伸ばされ続ける白石のうどん。

いかん。妄想が暴走した。
話を丼の中に戻そう。










手延べうどんは「切る作業」が加わってないため、断面形状が丸い。麺に角がありません。だから舌触り、のど越しが優しいんですが、ここ白石さんの麺は1本ずつ手作業で伸ばされているため、太さや形状にかなりバラつきがあります。それがさらに食感に変化をつけて、優しくまろやかで、ひとくちごとに微妙なイレギュラーさも見せる、とても楽しいテクスチャーを体験させてくれます。

茹であがりが柔らかい麺なので、手延べ形状から来る「優しさ、まろさ」と合わさって、唇への最初の「当たり」からして、とっても幸せな感触。これは「天使のKISS」とでも例えてもいいかもしれない。

注文したのは「天うどん」500円。
愛媛名産のじゃこ天が乗ってます。
出汁は、しっかりしたイリコ出汁。イリコのクセまで感じさせる、濃厚なもの。優しいうどんを、しっかりしたボディのいりこ出汁が支えてる感じ。この麺と出汁のコンビネーションで、しっかりした食べ応えと満足感を演出してくれてます。優しいお味の「きつね寿司」との組み合わせも素敵でした。

いりこがしっかりしてるぶん、ここにじゃこ天がたくさん入ると、けっこう「サカナ臭さ」も感じます。個人的には大丈夫だったけど、がっつりお魚系が苦手な人は、じゃこ天が入ってないほうのチョイスがいいかも。

【しらいし】白石うどん
愛媛県大洲市大洲880-12
0893-24-2614
10:30~19:00(売切れ終了)
日曜定休

大洲市関連記事↓
大洲城 天守閣 見学


テーマ:うどん・そば - ジャンル:グルメ



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。